つむぎ
米沢産地は、日本国内の繊維産地の中で最北の産地です。織物の素材は、青苧に始まり、絹・人絹・化学繊維と推移してきました。現在は、高級婦人生地として海外有名ブランドにも使用されています。また、呉服の高級化志向により品質の向上、商品開発が進み、紅花染をはじめ草木染等の新商品が生まれました。技術の伝承や、新しい衣生活の提案など米沢織物のさらなる可能性への挑戦は続きます。

洗練されたおしゃれな装いにふさわしい「本塩沢」は、重要無形文化財の「越後上布」の技術を絹織物に活かし、「しぼ」のある風合いとまろやかな光沢の「本塩沢」ならではの独特な上質感が特長です。二代にわたり「本塩沢」を織り続ける「林宗平工房」の技とセンスは、平成17年度の「第30回全国伝統工芸品公募展」に於いて、「内閣総理大臣賞」を受賞するなど高く評価されています。

紬織物と絹織物の両方の特性を秘めた牛首紬は、弾性・伸長性に優れ、シワや折れに対する抵抗力を持っています。芯のない滑らかな絹の風合いとコシがあり、着心地は絹の地肌そのままに軽くてなじみよく、保温・吸湿通気性にも優れています。

結城紬は、結城市や小山市周辺の地域に伝わる絹織物の伝統技法。江戸時代初期から生産が盛んで、新綿から手つむぎしたものを糸にして、伝統的な製織技法で織り上げた織物は、日本を代表する紬とされます。

上州赤城山麓の民家で伝え継がれている座繰りで手引きした玉糸を使用し織り上げる。
太細の節が独特の風合いと素朴な魅力をつくりだす素材です。

日本の三大綿絣のひとつで、その素朴な美と渋みのある味わい、さらに紺地に白、または白地に青の絣柄は、現在でも幅広く愛用されています。

奄美大島を本場生産地(発祥の地)とする絹織物で日本の民族衣装を代表する着物の女王と言われており、高級絹織物として着る人のステータスシンボルです。結城紬などと比べると薄手ですが、丈夫で着やすい織物として知られています。

王都首里で発達した高級織物の総称で、道屯織、繕織、沙織、絣、花織、ミンサーなどの他に、首里紬、首里上布、首里芭蕉布など、実に多彩です。



林屋 児島店

林屋 児島店
林屋 児島店
岡山県倉敷市児島下の町10丁目392-5
営業時間 9:30〜19:00
定休日  毎週火曜日
林屋 児島店 詳細情報はこちら

林屋 飯山店

林屋 飯山店
林屋 飯山店
香川県丸亀市飯山町下法軍寺691-6
営業時間 9:30〜19:00
定休日  毎週火曜日
林屋 飯山店 詳細情報はこちら

お問い合わせ


採用情報

採用情報